日独共同大学院プログラム
エネルギー変換システム/材料からデバイスまで
Japanese-German Graduate Externship on Energy Conversion Systems: From Materials to Devices

名古屋工業大学は、2019年10月からコチュテルを軸とした共同博士プログラムを独・エアランゲン・ニュルンベルク大学と開始しました。

日本学術振興会の日独共同大学院プログラムと、ドイツ側カウンターパート機関であるドイツ研究振興協会のIRTGプログラムの採択を受けています。本プログラムの柱になるコチュテルとは、ヨーロッパを中心に主流となっている博士論文共同研究指導プログラムです。プログラム学生は、在外研究の機会を持つとともに、両大学共同での研究指導と論文審査を受け、学位を授与されます。複数専攻に跨る学際的メンバーによるコースワークにより、鉛フリーのエネルギー変換システムの提案を目指します。

年度別
2021年
2020年
2019年